森田専務ブログ HAVE THE TIME OF YOUR LIFE

常に意識をするということ② #29

昨日は、常に意識をするということ #28 を中途半端にしてしまっているので、本日はその続きを書こうと思っているのですが、別のことも書きたくなったので、内容は似ているので併せて書こうと考えています。

始めた当初ぐらいに言いましたが、このブログは今現在の自分の想いや気持ちを思ったまま書いているので、読みにくい点があったり、後日全然違った考え方になっていたりしますが、その辺りは変化だと思って流してください。

では本題です。

昨日、自分が望んだ結果が達成された状態を常に自分に言い続けていますと書きました。

これは精神的なものではなく、もっと現実に沿ったものです。

達成された状態ということがポイントだと考えています。

それと自分が望んだ結果ということも大切です。「望んだ」です。

わかりやすくすると、「今日の夕ご飯に美味しいハンバーグを食べた」と自分に言います。

そうすると、その望んだ結果がどういう状態なのか、どうやったら達成できるかという「行動」が思いつきます。

インターネットで調べる、詳しい人に聞く、などなど。このご時世、情報というのは簡単に手に入れることができます。

達成された状態の自分がどのように行動するかをしっかりと思い浮かべます。達成した自分は、その店を予約する?しない?ってなったら、予約するでしょ!ってなります。

ではさらに、「今日の夕ご飯に美味しいハンバーグを友人と一緒に楽しく食べた」と自分に言います。

そうすると、また行動が変わってきます。

自分が望んだ結果が達成された状態によってやることも変わるし、内容も変わってきます。

しかも、自分自身が望んだ結果が達成できるわけですので、そこに対しての努力を苦労とかめんどくさいとはならないでしょう。

私は最近はこの考え方に切り替えていっている途中ではありますが、やはり効果があると思っています。

わかりやすく例えただけなのと、今ブログ書いている時にお腹が空いてきたので、夕ご飯の話になっています。

こういう考え方をもう少し先の未来で、自分が望んだ結果が達成された状態を自分に言い続ければ良いわけです。

私は凡人なので、想像できないことは達成することができないので、2年先の達成を言い続けています。

それはこのまま言い続けていくのか、変化をするのかは私にはわかりませんが、まずは自分自身が望んで、努力を苦労と感じない状態であれば○かなと思っています。

長くなってしまったので、本日はここまでです。

併せて書くっていって全く別の内容を書いていないという、今日分ですらこんな感じですが、ご容赦ください。

あと明日もこの続きになると思います。

逆もあるだよーって話です。言ったことは現実に起こりうるんだよーって話です。だから望んだこと言おうよって話です。