森田専務ブログ HAVE THE TIME OF YOUR LIFE

丸裸であるということ #14

今朝は皆既月食でしたね。そして天気悪くて見えなかった。

夜空を見上げましたが、月はやっぱり出ていませんでした。

連日、すごく晴れていたのに。。。

今年の日本の夏は、地震に始まり、大雨、猛暑、そしてここにきて、台風がきています。

被害も出ずに、過ぎていくことを願っております。

本日は丸裸であるということという内容です。

少し前に↓↓↓

等身大であるということ #4

等身大であるということ② #5

と書きました。

丸裸であるということは等身大であるための意識みたいなものです。

普段誰かと接するときには、どうしてもいろいろなもの精神的に武装をしてしまいます。

それは、傷つきたくない、知られたくない、バレたくないなどネガティブな部分だったり、かっこよく見せたい、大きくみせたい、などのプライドだったりと本来の等身大の自分とは離れた自分を作り上げています。

この世界で生きていく上では、必要な戦い方であるとは思います。

知らないうちにガードをする方法を学んで、知らないうちにガードをして、知らないうちにガードしていることに気が付かなります。

だけど、内側の等身大の自分が叫ぶんです。本当の自分とは?って。

だから自己啓発の本が売れます。だいたい同じ内容で焼き直ししたようなものですら売れる。

本当の自分を望むなら、成長を望むのであれば、まずはその武装を外す必要があります。

本当の自分は多分、自分が思っているよりも小さい人間だと思っています。

けどまずはそれを受け入れることから始める必要があり、一枚一枚武装をはずしていくことで、内側で眠っている子供のような傷つきやすくて、ピュアな、大切大切に守り続けた自分をしっかり見つめることが大切だと考えています。

私は人間としての成長とは等身大の自分を成長させることだと思っています。

私の知っている方々で、魅力のある方は等身大の自分を成長された方が多いです。

武器をいっぱい持つことじゃないんです。防具をいっぱい着ることではないんです。

そのためには、常に心を丸裸にしている状態にすることが大切です。

そうすると自分を守るものはなくなるので、すごく傷つくと思います。

しかも慣れていないからめっちゃ痛い。

だけど、本当の意味での成長はそこを耐え、受け入れ、どうしようかと悩み、行動した結果、できることだと思っております。

成長の過程の中で、離れていく人もいると思います。

それでも今の自分のキャパだとしっかり受け入れ、変化をしていくことで、中心の部分が強くなります。

まずは自分がズタボロに傷がついても、丸裸でありつづけ、そこから次へ進むことをこれからもやり続けていきます。

またどこかのタイミングで私なりの丸裸というものを書ければなぁと思っています。