森田専務ブログ HAVE THE TIME OF YOUR LIFE

挑戦し続けることについて #9

今日という日は、こんなにも書きたいことが多い日とは思っていませんでした。

ツールドフランス、全英オープン、あと個人的な色々あります。

ですが、昨日のブログで 心のアンテナがビンビンであるこいうこと #8 というものをあげているので、その関連で全英オープンについての話にすることに決めました。

今回、大混戦で最終日までもつれていて、上位陣の差がほとんどありませんでした。

誰が優勝してもおかしくない状況の中で、観ていた人の大半がタイガーウッズの復活&優勝を願っていたと思います。

タイガーウッズ(42)はメジャー14勝で私がゴルフを始める前からもというかゴルフを知らない人でもタイガーウッズは知っていると思います。

タイガーウッズ知らん人はwikiで調べてください。

昨日の全英オープンでは一時、トップに躍り出たがそのあと崩れてしまって、優勝は逃しましたが、6位Tでした。それでもメジャーでTOP10入りは5年ぶりとのことです。

タイガーウッズに関しては、怪我の影響やプライベートでのゴタゴタがあまりにもひどく、特に昨年は世界ランク670位(?)でした。

過去に常にトップを走り続けて、どん底に落ちてからの、復活。

絶対に今回も優勝を狙っていたと思いますし、ダボ取った時の表情などを見た時はこっちが泣きそうになるくらいでした。

それでも今回の全英オープンで6位Tという復活をとげて、これからまた前線にい続けるんではないかと思います。

常に挑戦をしつづけ、困難に打ち勝ち、進んで行く。

年齢に関係なく、転がり落ちても、挑戦者として進んで行く。

そういう姿に感動しました。

常に挑戦をしていくことの大切さを改めて感じることができました。