森田専務ブログ HAVE THE TIME OF YOUR LIFE

ミーハーを極めるということ #2

昨日でワールドカップが終わりましたね。
サッカーのプレーの変化をとても感じるW杯でしたね。
ポルトガルやブラジルやアルゼンチンが早めに敗退していくことがとても印象に残っています。
そして、最優秀選手賞をクロアチアのモドリッチが獲ったのは観ていて目頭が熱くなりました。

と色々なW杯に関してのことを書いていますが、実際に普段からサッカーを観るかというの全く観ないんです。
私自身はミーハー中のミーハーで、ミーハーのガチ勢だと思っています。

今回のW杯ではスポーツバーへ応援にいったり、ユニフォーム着て観たり、深夜にめっちゃ眠くてもしっかり観たりなど、日本が残念ながら敗退した後もしっかり楽しませてもらいました。

W杯が終わったあとは、ハイライトや総集編をみて、それからおそらく4年後まではそんなに熱くなることなく収束していくと思います。

 

時代には先端と尻尾があって、尻尾にしがみついても振り落とされると考えています。

そして、流行っているものには必ず理由があります。

時流を掴むというのは商売をすることにおいて、もっとも重要なことであると考えており、いくら努力をしても環境が悪いところで戦っていたら何も得ることができないとも考えています。

ですので、自分自身が身を置く環境ぐらいは時代の先端の方へ向けて、常に素直に吸収し続けるようにしています。

常に素直で、世の中の流れにいいなりになるというの私なりのミーハーです。

一旦、入るとガチでハマるのは単純に私の性格ですが、ミーハーを極めていく上では役に立っています。

これかもミーハーであり続けて、ミーハーを極めて、ミーハー界で名を馳せれるようにがんばります。