森田専務ブログ HAVE THE TIME OF YOUR LIFE

丸裸であるということ② #15

愛知県は台風のピークは夜中でした。今は天気は晴れていて、風が残っている感じですね。

これから向かう先の地域の方はご注意ください。

そして、大きな被害になったり、豪雨の被害が拡大しないことを願っております。

昨日の続きをちゃんと書こうと思いました。

「丸裸であるということ」です。

なかなか丸裸になるというのは難しいです。

私も今は裸と思っていても、たぶん武装をしています。

知らない間に身につけたものは本人さえも気付いていません。

それを剥がしていくというは非常に難しいです。

どうしたら丸裸の状態になれるのかなぁと考えました。

それで具体的に何をしたかというと、まず最初にやってのは、

「表と裏をなくす」ことです。

もう少し、行動を噛み砕くと、

「陰口を言わない」です。

ん?小学生かよ!?ってなるかと思いますが、これって結構難しいです。

陰口というのは、その場にいない人に対しての悪口だけはありません。

不平や不満などなど、そういう大きなことから小さいことまで全部です。

かつ、気をつけているのは、その場にいない人に対しての話が出た時は、

「その人の良いところしか言わない」です。

そういうルールを決めることで、裏では文句や陰口をいってしまいそうなものを全て、本人に直接言うように変えています。

さらに良いところもしっかりと伝えていきます。

自分で書いてなんなのですが、こうやってまとめると手法のように見えてきちゃって、新たな武装のように見えてしまって、途中から書くのがしんどいのです。

行動を具体的にする時は目的がちゃんとしていないとただの手段や手法になってしまうので、注意ですね。

話がそれましたが、表裏をなくすことはまず等身大の自分でありたいのであれば使っていただいたらなんとなくわかっていただけれると思います。

結構大変です。そしてまだまだできてないって思います。

ただ一応そこそこ良い年齢ですので、言い方、伝え方は配慮をしていますので、思ったまま言うのとはちょっと違うよということだけは理解してください。

そして、表裏をなくすということをやることによって、人から信じてもらえる人間になれるんじゃないかとか、人として成長できるのではないかとか、そういう副産物を少し夢見て行動をしています。