家具選びのコツ

ダイニングテーブルのおすすめの選び方|使い方で変わる天板サイズや脚の数

ダイニング

毎日食事をする所だからこそこだわりたいダイニングテーブル。新たに購入するときに、どう選べばいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。ここでは、そんなダイニングテーブルを選ぶときのポイントを5点ご紹介いたします。

 

天板のサイズと使用人数の目安

ダイニングテーブルを選ぶ時には、まずサイズを先に考えると決めやすくなります。サイズを考えるには、何人でそのテーブルを使用するのかをイメージするといいでしょう。家族が増える予定がある方は、それも踏まえてイメージするといいかもしれません。

快適に食事をするのに必要なスペースは、一人あたり幅60㎝×奥行40㎝程度と言われています。この数値を目安にサイズを考えてみるとよいでしょう。

*おおまかなサイズと、使用人数の目安

使用人数 天板のサイズ(奥行×幅)
1〜2人 70〜80㎝×70〜80㎝
3人 70〜80㎝×90〜100㎝/円板の場合 直径100㎝
4人 70〜80㎝×120〜130㎝/円板の場合 直径100㎝
5人 70〜80㎝×160㎝
6人 70〜80㎝×160㎝

 

たとえば2人で使う場合、幅は1人ぶんの目安60cmより少し余裕をもった70〜80cm程度あるものが理想です。奥行は向かい合って座るため、40cm×2人=80cm前後を考えておきましょう。3人の場合、三角形をつくるように座るなら100cm前後の幅があれば十分ですが、2対1で向かい合って座りたい場合は4人のサイズを目安にすると窮屈に感じません。


使用人数と使い方ごとの適切なダイニングテーブルのサイズ例

 

なおあくまでこの表は目安ですので、設置する場所が狭い場合は少し小さめにしたり、ゆったりと使いたい場合は広めのものを選んだりと、状況に応じて選択していきましょう。

 

天板の種類と特徴

ダイニングテーブルといえば長方形の天板をイメージされる方も多いと思います。実はダイニングテーブルの天板は様々な種類があり、それぞれ特徴を持っているのです。

長方形の天板

最もポピュラーな形をした天板と言えるでしょう。面積が広く、一人当たりの食事スペースを広く確保することができます。4~6人用のタイプが多いです。壁に寄せることができるので、レイアウトがしやすいという特徴も持っています。サイズが大きくなってくると、圧迫感があるような印象になるので、留意しておくといいでしょう。

また、角があるタイプ角丸タイプがあります。角があるタイプは洗練された印象を持っていますが、テーブルクロスが痛みやすく、ぶつかると危険(特に子どもがいる家庭は気を付けましょう)ということもあります。角があるタイプか角丸タイプかという点は、レイアウトや家庭の状況などに合わせて、十分に検討する必要があります。

正方形の天板

コンパクトなので、狭い部屋に置いても圧迫感を感じにくい形状です。1~2人暮らしの方にちょうどいいでしょう。

長方形の天版と同じように、角があるタイプと角丸タイプがあります。

円形の天版

優しい印象を与える形状です。圧迫感を与えないため、部屋を広く見せることができます。座った人の顔が見えるので、会話がより弾むかもしれません。その形状から、壁に寄せるレイアウトがしづらいので、広い部屋に設置するのがおすすめです。3~4人程度が座れるタイプが多くなっています。

 

天板の塗装について

意外と見落としがちなのが、天板の塗装というポイントです。食事をするには水をはじきやすい塗装が、勉強に使うときには傷付きにくい塗装が望ましくなります。用途に応じて、塗装についてもみていきましょう。

ウレタン(ポリウレタン)塗装

最もポピュラーな塗装で、光沢のある見た目が特徴です。ウレタン樹脂でコーティングされており、水分が染み込みにくいです。乾燥にも強いので、反りやひび割れが出にくくなっています。長く使用していると、テーブルの表面から剥離することがあります。また、熱いものを直接置くと、変色する可能性があるので気を付けましょう。

セラウッド塗装

ウレタン塗装と似ていますが、こちらも人気が高いものになっています。熱や汚れに強く、紫外線から天板を守ることができるため日焼けによる劣化がしにくいのが特徴です。また、ツヤ感が少なく、本来の素材の質感に近い見た目となるため、ナチュラルな印象を与えてくれます。

UV塗装

紫外線(UV)を使用して樹脂を固める方法で塗装されたものです。綺麗な光沢で、高級感のある印象を持っています。ウレタン塗装よりも傷や熱に強いため、傷みにくくなっています

ラッカー塗装

ウレタン塗装に比べて薄い塗膜のため、柔らかいツヤ感となっており、木の質感が残ることが特徴です。熱や水分、傷にはあまり強くないので、テーブルクロスを引くなどして傷から守るようにすると良いでしょう。傷ついてしまった場合でも、他の塗装と比べると比較的楽に修復ができます

オイル仕上げ

塗装とは異なり、木の表面に薄くオイルを塗りこんで仕上げられたものとなっています。木の質感が最も出やすいため、デザイン性に優れています。熱や水分に弱く、傷つきやすいというデメリットもありますが、長く使っているうちについた傷にも愛着を持てるかもしれません。日焼けもしやすいので、長く使っていると雰囲気が変わってきます。数年に一度、オイルを塗り足ししてメンテナンスすることで、長持ちさせることができます。

ワックス仕上げ

ミツロウを天板にかけて仕上げる方法で、さらりとした無塗装のような外観となります。オイル仕上げと同様、木の質感を生かした仕上がりを楽しむことが出来ます。数年に一度、ワックスを塗り直してメンテナンスすることで、長く使うことができます。

 

脚の種類

実際に使ってみてから気になりだすのが、テーブルの脚です。多くのダイニングテーブルは、四本脚か二本脚、そして一本脚の三種類に分かれています。それぞれ使用感が変わってくるので、脚についても慎重に選んでいきましょう。

四本脚

基本的な四本脚タイプは、幅広い用途で使えます。天板の辺が短い席、いわゆるお誕生日席が使えるので便利です。

二本脚

両端に一本ずつ脚がついたタイプです。お誕生日席が使いづらいという点がありますが、四隅に脚がこないため、チェアを大きく引かなくても角から入り込むようにして座ることができます。限られたスペースで使用するときには、この特徴が便利に感じるかもしれません。

一本脚

中央に一本の脚がついているタイプです。コンパクトな印象があり、また四辺が使用できるというメリットがあります。中央に脚がくるので、足元が窮屈に感じる場合もあります。

脚の本数だけでなく、脚の高さなども留意するとよいでしょう。高すぎれば使いづらく感じますし、低すぎると足が組めなくてストレスを感じたりするということもあります。

 

その他の特徴について

伸長式テーブル

天板のサイズを変えることができるテーブルです。必要時には広くして、そうでないときにはコンパクトにしておくことができます。近い将来の家族が増える予定がある方や、模様替えを頻繁にする方、客人を招く機会がある方にとってぴったりです。

伸長式のテーブルの中にもいくつかの種類があります。伸長天板を畳んだり開いたりして天板のサイズを変更するバタフライタイプや、天板や脚を広げて伸長天板をはめ込むタイプがあります。人によってどのタイプが使いやすいかが異なっていたり、質が悪いものだとやりづらかったりするので、購入前に実際に触って試してみることをおすすめします

昇降テーブル

高さを変えることができるテーブルです。食事やデスクワークをする時は高めに、くつろぐときには低めに、とシーンに合わせて自在に高さを変えられるのが魅力のタイプです。ダイニングチェアはもちろん、ソファに合わせることもできるので、模様替えの時にも便利です。

昇降テーブルには、大きく三種類のタイプがあり、X型に組まれた脚を引き上げて昇降するタイプと、ボタンを押しながら昇降するタイプ、そしてペダルを使ってガス圧式で昇降する一本脚のタイプがあります。こちらも、実際に使ってみて購入を検討すると失敗が少なくなるでしょう。

収納付きテーブル

引き出しやキャビネットがついたタイプです。つまようじやリモコンなどちょっとしたものをさっとしまうことができ、また小物を飾ればお洒落なインテリアにもなります。何かと使い勝手がいいのが特徴です。ただ収納スペースがついている分、足元が窮屈に感じることもあるので、購入前に実際に座ってみるといいかもしれません。

 

まとめ

楽しい食事のためには、快適なダイニングテーブルが必要不可欠です。家族構成や使用用途を踏まえて選んでいきましょう。実際に見たり触ったりして選ぶとより失敗しにくくなるので、ダイニングテーブル選びの際にはお店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

カテゴリ家具選びのコツ