家具選びのコツ

おすすめのベッドフレームの選び方|奥行き・高さ・収納がポイント

ベッドフレームの機能は、幅と奥行き、そして高さによって変わってきます。ダブルは2人で横になれるぶん場所を取りますし、ローベッドは室内に開放感が出る一方でベッドの下を掃除しにくいといったデメリットも。

そのためベッドフレームを購入するときは、用途や値段、見aた目はもちろん、室内の広さや生活スタイルも考えながら選ばないと、思わぬ失敗をしてしまいかねません。

ベッドフレーム選びのコツは、ご自身の部屋の間取りと生活スタイルに合った幅・奥行き・高さを考えることです。

 

幅の話:横になる人数やサイズはもちろん、掃除の手間などにもご注意を

ベッドフレームの適切な幅を決めるときは、主に次の2点から考えましょう。

  • 横になる人数
  • サイズ

ベッドフレームは幅の長さによって大きく5種類にわかれます。

 

シングル 幅80〜100cm 成人1人が横になれるサイズ
セミダブル 幅120〜130cm 成人1人がゆったり横になれるサイズ
ダブル 幅140〜150cm 成人2人が横になれるサイズ
クイーン 幅160cm 成人2人がゆったり横になれるサイズ
キング 幅200cm 成人2人+お子さん1人が横になれるサイズ

 

サイズはメーカーによって違いがあるので、あくまで目安です。また種類も、セミシングルやワイドダブルなど、さらに細かく区切られる場合もあります。

基本的には、1人で横になるならシングルかセミダブル、大人2人で使うならダブルかクイーン、大人2人とお子さん1人で使うならキングと考えておくとよいでしょう。ただ身長や体型によってぴったりのサイズは変わってくるので、購入前には必ず一度、横になって自分に合っているか確認してください。

 

部屋に入るのか、間取り図を書いて確かめてみる

室内に置けるだけのスペースがあるかも重要です(キングサイズは幅が200cmにもなります)。ベッドを置くスペースがあるか、必ず事前に確認しておきましょう。ベッドを設置した場合の間取り図を自分なりに紙に起こしてみると、実際に部屋に入るのかどうか、歩けるスペースはどのくらい残るかなど、具体的にチェックできるのでおすすめです。

またダブルやクイーン、キングといった幅のあるベッドほど、奥のほうまで掃除機やフローリングワイパーが届かないというデメリットも。動かして掃除するにも、ベッドが大きいため移動させるのも大変です。このあたりも注意しましょう。

 

壁につけて置くとシーツの取り外しが大変、でも放すと物が落ちるなどの不便も

設置場所を考えた上でベッドのサイズを選ぶことも大事です。ベッドフレームを壁にくっつけてしまうと、シーツの取り外しが大変になったり、掛け布団を挟めなかったりして不便です。気持ち隙間をつくって設置することを考えてサイズを検討しましょう。

ただし隙間をつくりすぎると、物が落ちたり、お子さんが手を挟んでしまったりといったトラブルのもとにもなりかねません。ご自身の生活スタイルとあわせて、最適な設置場所を考えましょう。

 

奥行きの話:室内スペースと収納機能を考えて選ぼう

ベッドフレームの適切な奥行きを決めるときは、主に次の2点から考えましょう。

  • 収納
  • サイズ

ベッドフレームの頭部の部分をヘッドボードと呼びますが、これには大きく3タイプあります。

  • 収納がついたタイプ
  • 平らなタイプ
  • ヘッドボードがないタイプ

収納がついていれば、そこに眼鏡や目覚まし時計、スマートフォンを置いたり、本を並べたりできます。寝る前にゲームや読書を楽しむ方は、このタイプだと便利でしょう。電源がついたタイプなら充電も可能です。

一方で、よりかかりにくいので、背中を預けにくいです。ボードと背中のあいだにクッションを挟めば大丈夫ですが、そうすると今度は収納したものを取り出しにくくなるという不便も。

収納棚がついていると聞くと便利に聞こえますが、大事なのは自分が使いたいように使えるのかどうかです。いざ購入した後、棚の高さが足りなくて本が入らないといったように、置きたいものが置けないことも。また奥行きが伸びるぶん場所を取るため、想像以上に室内が狭くなって移動しにくくなった、といったデメリットも考えられます。

そのため収納機能を検討されている方は、本当に必要かどうか、室内スペースとの兼ね合いなども考えて慎重に決めましょう。サイドテーブル(ナイトテーブル)を置くなど、別の方法を検討するのも良いかもしれません。

 

高さの話:収納がほしい方はある程度の高さを

ベッドフレームの適切な高さを決めるときは、主に次の3点から考えましょう。

  • 開放感
  • 収納
  • 立ち座りのしやすさ

 

選ぶポイント1:開放感

大きなベッドはそれだけ部屋を占めるスペースが広いので、圧迫感が出ます。部屋を広く見せたい、開放感を損ないたくない場合は、ローベッドを選びましょう。

ただローベッドの場合、下に掃除機が入らないケースもあるため、フローリングワイパーやお掃除ロボットなどが必要になります。ずらして掃除しようにも、部屋が狭いとそもそもずらせるスペースがないことも。また床面が近いため、ほこりをかぶりやすいというデメリットもあるので、ご注意ください。

 

選ぶポイント2:収納

ある程度の高さがあるベッドフレームだと、下に収納棚がついているタイプもあります。部屋のスペースを少しでも有効活用したい方は、本棚や小物入れなどを別に購入するのではなく、収納機能つきベッドフレームを検討するのも良いでしょう。

ただ収納が引き出しタイプの場合、そこまでたくさん入らない点は要注意です。

ベッドフレームの収納には大きく、引き出しがついているタイプと、フットボードの上板を持ち上げるタイプ(リフトアップ)の2種類があります。

引き出すタイプは通常、ベッドフレーム横幅の半分ほどのサイズしか収納スペースがありません。それ以上だと引き出しが長すぎて引き出せなくなるからです。そのため、そこまで多くの物は入りません。

また引き出すときは、引き出しの奥行き+ご自身ぶんのスペースが必要です。お部屋に十分なスペースがないと、後ろの本棚やたんすに背中をぶつけてしまう、そもそも引き出せないといった事態も考えられるので、ご注意ください。

一方リフトアップの場合、フレーム内部がすべて収納スペースのため、たっぷり物をしまえます。取り出すときも上板をリフトアップするので、スペースを必要としません。ただ上板を持ち上げる必要があるので、多少の力仕事にはなります(ガスの力で跳ね上げるタイプのベッドフレームもあります)

 

選ぶポイント3:起きやすさ

ある程度高さのあるベッドフレームのほうが、立ったり座ったりしやすいです。特に腰痛持ちの方や膝を悪くされている方は、症状を悪化させてしまう可能性もあるので、なるべく高いフレームを選ぶのをおすすめします。

また、マットレスとの兼ね合いも大切です。ベッドの最終的な高さは、フレームとマットレスの高さを合わせたものになります。そのため厚いマットレスを設定してみたら、想像以上にベッドが高くなってしまうこともあり得ます。

ベッドフレームがあまりにも高いと、立ったり座ったりしにくくなります。購入の際は必ずマットレスを設置したあとの高さもチェックしておきましょう。

 

その他のポイント:お子さんがいるご家庭は、フレームの角にご注意を

小さいお子さんがいる方は、ベッドフレームの高さは特に気をつけましょう。寝ているあいだにベッドから落ちてしまうといっことも起こりかねません。

またお子さんが走り回ったりハイハイしたりしているときの目線の高さに、フレームの角がきてしまう可能性もあります。そのため購入されたあとは、角をコーナーガード用のクッションで保護するのがおすすめです。

 

おわりに

実際に寝るときは、フレームではなくマットレスの上に横になるので、フレーム自体にはあまりお金をかける必要はありません(高いものも安いものも、そこまで差はありません)。収納があるかどうか、サイズが合っているかどうか、基本的にはこの2点に注意して選べば大丈夫です(逆にマットレスは、寝ているときの姿勢に関係してくるため、なるべく良いもの・合っているものを選びましょう)

カテゴリ家具選びのコツ