家具選びのコツ

電動ベッドの選び方

TVCM等でお馴染みの電動ベッド。気になっている方も多いのではないでしょうか。

実は電動ベッドは選ぶのが難しいものです。この記事では、電動ベッドの選び方について解説していきます。

まずは専門機関を頼るのが第一

電動ベッドは福祉用具として国から指定されています。そのため、条件を満たせば介護保険の補助を受け、利用料金を安くすませることが可能になります。

補助を受けられるのは、購入ではなくレンタルの場合です。ひと月あたり数千円~数万円のレンタル料のうち、国から補助を受け、1割~3割のみの支払いでレンタルすることが可能になります。

また、電動ベッドのレンタルの補助を受けられるのは、介護保険の被保険者のうち、要介護2以上の方が基本です。

 

電動ベッドのレンタルの補助を受けられる場合は、介護保険の制度を利用することが基本になります。というのも、介護保険を使った場合、ケアマネージャーや福祉用具専門相談員のアドバイスにより、体の状態に合った的確なベッドを選択できるからです。

また、高齢の方は容態が刻々と変化していくので、レンタルで必要に応じて即時にベッドを交換できるようにしておく必要があります

さらに、故障した場合も、レンタルのなら無償で修理や交換を行ってもらえます。介護保険におけるレンタル対象外の方でもなんらかの補助を受けられる場合があるので、まずは専門の機関に相談してみてください。

介護のイメージ写真

しかし、中にはレンタルにどうしても抵抗があったり、介護保険制度を使いたくなかったり、介護保険の被保険者ではないけれど電動ベッドを使ってみたいという方もいるかと思います。

そういった方は、次に紹介するポイントを参考にしてみてください。ただし、購入の場合も、できる限り介護用品専門のショップ等で専門のアドバイザーの話をきくことをおすすめします。

 

電動ベッドの選び方

ここからは電動ベッドの選び方を簡単に解説していきます。今の状態だけではなく、将来を見据えた選択することがポイントです。

電動ベッド

モーター数で選ぶ

電動ベッドはモーターによって動きます。そのモーターの数によって性能が変わり、数が多いほど高価になってきます。

まず、モーターの動作によってどんな効果があるのかを見ていきましょう。

 

リクライニングさせることができる

電動ベッドと聞いてまず想像するのが、ベッドの半分から上の部分を上下させる機能(リクライニング)ではないでしょうか。

この機能は起き上がりに不安のある方に使用することで、起き上がりを補助することができます。ただし、上げすぎると、体がずり下がって床ずれの原因になったり、腹部に圧がかかって苦しさを感じたりします。

 

ベッドの高さをあげる

ベッド全体の高さを上下する機能です。この機能の主な役割は二つです。

まずは、立ち上がりの補助です。

ベッドの高さが低すぎると、立ち上がりの際に膝に負担がかかってしまいます。太ももとひざ下の角度を約90度にした状態で立ち上がると、比較的楽に立ち上がることができます。ベッドの高さを上下する機能によって高さを調整し、立ち上がりをしやすくするのです。

もう一つが、転落の防止です。

認知症にかかってしまった場合、ベッドわきに柵を取り付けていてもその柵を乗り越えてベッドの外に出てしまうことがあります。

その際、怪我をしないように、見守ることができないときはベッドの高さを一番下まで下げ、ベッドの外に出てしまった場合でも怪我をしないようにします。電動ベッドの中には「フロアーベッド」という、ほぼ床と同じ高さまで下げることができるものもあります。

 

下半身部分をあげる

ベッドの真ん中から下あたりを上下させることができる機能です。脚を持ち上げることができます。この機能の役割は主に二つです。

まず、リクライニングをさせた時に、この部分を上げておくことで、体のずり下がりを防止できます。ずり下がりは床ずれ防止にもなります。

もう一つが、むくみを解消する役割です。高齢になると、寝返りが打ちづらくなり、脚がむくみやすくなります。この機能を使って足を高くすることで、むくみの防止になります。

ただし、この機能を使わずとも、クッション等を脚の下に置くことでもむくみを防止することもできます。

 

頭をあげる

枕元

ベッドのうち、枕が乗る部分のみを上下させる機能です。最新の機能なので、あまりこの機能がついているタイプはありません。

この機能は、介助によって食事をしている方に役立つ機能です。

寝たきりの方にリクライニング機能を使って食事介助をする場合、頭が若干下がった状態で飲み込みを行うことになるので、むせてしまうことがあります(ソファに頭までどっかりと寄りかかった状態で食事をすると、上手くのみこめないのと同じ状態です)

ですが、この機能を使って頭部を上げれば、のみこみがしやすくなり、むせが少なくなります。

 

これらの機能の有無はモーター数でほぼ決まります。主には、

・1モーター:リクライニングor高さの上下
・2モーター:リクライニング+高さの上下
・3モーター:リクライニング+高さの上下+下半身部分の上下
・4モーター:リクライニング+高さの上下+下半身部分の上下+頭部の上下

となることが多いです。3~4モーターは重度の要介護者が使うことがほとんどです。ただしベッドの種類によっては異なる場合もあるので、それぞれのベッドについている機能をしっかりと確認しましょう。

 

柵の着脱ができるかを確認

ベッドの柵は掛布団のずり落ちを防止したり、寝返りを補助したり、ちょっとした立ち上がりの補助に使えたりと何かと便利です。電動ベッドを購入する際にも、柵を取り付けられるものを選択するのがベターと言えます。

ただ、なかには柵の着脱が難しいタイプがあります。実はこのタイプは少々厄介です。というのも、介助が必要になった際、柵は介助者にとって邪魔になるからです。そのため、柵の着脱が可能か事前に確認しておきましょう。

 

ベッド下のスペースを確認

電動ベッドの下にはモーター等の機械がたくさんついています。その機械の下の、何もない空間の高さはチェックしておいた方がよいです。

この空間は、普段あまり意識することはありません。しかし、ベッドの近くにちょっとした小物を置きたくなった時、サイドテーブルという小さなテーブルを購入したくなることがあります。

その際、サイドテーブルの脚の高さがベッド下のスペースよりも高いと、脚がひっかかりテーブルが奥まで入っていかないので不便になるのです。

 

リモコンが認知症に対応しているか

電動ベッドのリモコン

電動ベッドの中には、認知症の方が使用した時のために、リモコンに誤作動防止機能がついているものもあります。誤って操作すると思わぬ事故の原因になるので、こちらもチェックしておきましょう。

また、小さなお子様がいる場合も、電動ベッドは子供のおもちゃになりやすいので、この機能がついていたほうがよいと言えるでしょう。

 

電動ベッドを使用する際の注意点

電動ベッドは怪我に気を付けて使用することはもちろん、盲点になりやすい注意点もあります。特に重要な点を見ていきましょう。

 

腕のはさみこみに注意

リクライニング機能を使用する際、利用者の腕がベッドの外に出ていないことを必ず確認します。腕が出た状態でリクライニングをすると、柵に挟まり思わぬ大けがをすることがあるからです。

 

ベッドを上下する際は、下にものを挟まないように注意

ベッドを上下する場合は、ベッドの下に物を挟み込まないよう注意しましょう。やりがちなのが、ゴミ箱を潰してしまうというミスです。

また、ベッドの下はモーターがあるせいかペットがもぐりこむことがあるので、ペットを飼っている方は十分に気を付けて使用しましょう。

 

マットレスの購入は慎重に

実は電動ベッドは通常のベッドよりも一回り小さくつくられていることが多いです。そのため、通常のベッドのマットレスではサイズが合わないことも多いです。マットレスを購入する際はしっかりとサイズを確認しましょう。

また、電動ベッドの床板は金属やプラスチックのことが多く、マットレスにカビが生えやすくなります。マットレスは定期的にお手入れしましょう。

 

湿気に注意

ベッド下は湿気がたまりやすく、故障の原因となってしまいます。自分で購入する場合、故障してしまうと修理費にお金がかかることがほとんどなので、湿気がたまらないように気をつけましょう。ベッド下に湿気とりや備長炭を置くのが簡単でおすすめです。

 

まとめ

便利な電動ベッドですが、選ぶのは意外と大変です。使う方の容態にきちんと合わせ、また将来を見据えて慎重に選びましょう。

そして、できる限り介護保険の制度を利用することを検討しましょう。ベッドを格安でレンタルできるだけでなく、介護についてのアドバイスを受けることもできます。

カテゴリ家具選びのコツ