家具選びのコツ

抱き枕の効果と選び方のポイント

抱きまくら

最近、抱き枕が注目されています。抱き枕を使うことによってよく眠れると紹介されることが多いですが、なぜ、抱き枕は安眠効果があると言われているのでしょうか。

この記事では、抱き枕の安眠効果について解説していきます。また、抱き枕の選び方も紹介していますので、抱き枕が気になった方は参考にしてみてください。

抱き枕の効果

抱き枕がなぜ安眠効果を期待できるのか、細かく見ていきましょう。

 

安心感を得ることができる

赤ん坊

人間は母親の胎内にいたころの「胎児姿勢」を取ることで、安心感を得ることができると言われています。胎児姿勢とは、体を丸め、何かに抱き着くような体勢を言います。

抱き枕を使うと、自然と胎児姿勢を取ることができ、安心感を得ることができます。これによりリラックスすることができるので、安眠しやすくなると言われているのです。

 

腰痛の軽減

睡眠時の腰痛にはいくつかの原因があります。

仰向けで寝た場合、腰が浮き、その下に隙間ができます。適切なマットレスを使用すればこの隙間を埋めることはできますが、そうでない場合はこの隙間によって背骨や腰に負担がかかってしまいます

また、尾てい骨のあたりに仙骨という骨があります。背骨のS字カーブの一番下にあたる部分で、仰向けの状態で寝ると、この仙骨を圧迫することになります。仙骨を圧迫し続けることも腰痛につながるのです。

そのため、仰向けで寝るよりも横向きで寝た方が腰痛にはよいとされています。

 

しかし、横向きも腰痛に全く影響しないというわけではありません。入眠しない状態では背骨のS字を保つことができますが、入眠すると体が脱力し、体がねじれ胸が下になっていきます。その結果、背骨がねじれて腰に負担がかかってしまいます。

腰痛

これらの腰痛の原因を防ぐことができるのが、抱き枕です。

仰向きで寝る場合は、軽く膝を立てて横になり、膝の下に抱き枕をいれることで腰の負担が減少します。

横向きで寝る場合は、体のねじれを防ぐために抱き枕を抱くようにして寝ます。これによって体に負担のかからない姿勢を保てます。また、抱き枕を脚で挟めば、片方だけにかかってしまう体圧を分散させることができるので、体への負担を減らせます。

 

むくみの防止

人間は寝返りを打つことで血流が滞るのを防いだり、同じ場所に体圧がかかってしまうのを防ぎます。しかし、寝具が合わなかったり、一緒に寝ている人がいたりすると、寝返りがしにくくなってしまいます。また、高齢になると寝返りを打つ力が弱まってきます。

寝返りが打てなくなるとむくみが生じ、だるさを感じたり、脚が太く見えたりということが起こってしまいます。悪化すると重い病気にもなりかねません。

抱き枕は、このむくみ対策に効果的です。枕の上に足を乗せ、足を高くして寝ることによって、重力の力で血液が心臓に戻りやすくなります。それによって、むくみを防止することが可能になるのです。

 

いびきの軽減

仰向き寝から横向き寝にすることで、いびきを軽減できるとされています。

しかし、横向き寝に慣れていない方が、横向き寝の姿勢を保つのは難しいです。そこで抱き枕を抱くことによって、自然と横向き寝の姿勢を保てるようにします。これによって、いびきの軽減が期待できます。

 

抱き枕の選び方

枕を抱く人

抱き枕が注目されるに伴い、様々な種類が発売されています。自分に合った抱き枕を見つけて、心地よい休息時間を手に入れましょう。

 

形から選ぶ

抱き枕には様々な形があります。眠るときの姿勢や寝心地などから好みのものを探しましょう。

 

・棒状

I字型の最もシンプルな抱き枕です。リーズナブルな価格のものが多いので、気軽に抱き枕を試してみるのにもちょうどいいかもしれません。

 

・円筒上

長い円柱のような形をしたタイプです。シンプルな形をしていますが、ボリュームがあるため抱き心地がよいのが特徴。太さがありしっかりしているので、座位を取った際の腰当てとしても使うことができます。

中わたの量が多いため、比較的高価なものが多いです。

 

・三日月形

C字型の抱き枕です。バナナのような形だったり、枝豆のように流線型をとっていたりします。

半円の内側に体を入れ、脚で挟むようにして眠ると安定します。また、妊婦さんにとって楽な姿勢であるシムス体位(横向きに寝て、上の脚を軽く曲げて前に出して寝る体勢)がとりやすいのも特徴です。価格も比較的リーズナブルです。

 

・L字、J字型

頭を乗せる部分もついている抱き枕です。角になっているL字タイプと、角が丸みを帯びているJ字タイプがあります。比較的高価なものが多くなっています。

 

・U字型

U字の内側に体がすっぽり入る、大きな抱き枕です。両脇に腕を乗せたまま寝たり、胸を圧迫しないでうつ伏せ寝の体勢が取れたりと様々な体勢を取ることができます。比較的高価なものが多いです。

 

・キャラクターもの

巨大なぬいぐるみのような形をしていたり、表面にキャラクターがプリントされていたりするタイプです。体へのフィット感よりは、安らぎを得るためのものと考えてもよいでしょう。

 

硬さで選ぶ

コットン

中に詰められている素材によって、堅さが変わってきます。用途に合った硬さを選ぶとよいでしょう。

 

・硬め

硬めの抱き枕は、体勢を保持するのに向いています。腰痛予防や横向き寝のサポートとして使いたい方は、硬めの枕を選ぶとよいでしょう。

 

・やわらかめ

抱き心地がいいので、リラックス効果があります。眠る時の安心感が欲しいという方は、やわらかめの枕を選びましょう。

 

素材で選ぶ

中に詰められている素材によって特徴が変わってくるので、素材にも注目しましょう。

 

・ポリエステルわた

わた状の人口繊維です。柔らかく弾力もあり、軽くて扱いやすいのが特徴です。比較的安価なところもポイント。

 

・低反発ウレタン

体に合わせて変形するスポンジのような素材です。体圧分散効果に優れており、適度な硬さもあるので、姿勢をサポートするのにぴったりです。夏は熱がこもりやすく、冬は硬くなりやすいという点に注意しましょう。

 

・極小ビーズ

細かい発泡ビーズがいっぱいに詰められたタイプです。流動性があり、体にぴったりとフィットするのが特徴です。独特なやわらかさを持っているので、癒し効果も高いです。

 

清潔を保てるものを選ぶ

抱き枕はサイズが大きいものが多く、丸洗いはなかなかできません。しかし、肌に直接触れるものなので汚れやすく、ずっと使っていると清潔に保つのが難しくなります。

そのため専用カバーがついているものを選ぶのがベターです。これなら清潔な状態を保ちやすくなります。専用カバーがついていないタイプの場合は、消臭スプレー等を使えば、ある程度ニオイを防止することが可能です。

 

まとめ

睡眠は人間にとって大切な休憩時間です。しかし、心が落ち着かず寝つきが悪かったり、睡眠中によい姿勢が取れなかったりすると、十分な休息を取ることができません。

抱き枕は比較的気軽に導入できる安眠グッズです。安眠できずに困っている方は、抱き枕を試してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ家具選びのコツ